PROFILE
岡村昭彦 (おかむら・あきひこ)

1929年1月1日名門に連らなる海軍将校の長男として生まれ、47年東京医専中退、戦後の混乱期をさまざまな仕事をして乗り越え、34歳の時に初めて南ヴェトナム戦争を取材、翌年「LIFE」に南ヴェトナム前線での写真が9頁にわたり特集されて一躍世界のOKAMURAとなる。

65年『南ヴェトナム戦争従軍記』(岩波新書)はベストセラーとなり日本人の目を東南アジアの戦争に向けさせた。

その後二度の長期間の南ヴェトナムへの入国拒否にあいながらも、北アイルランド紛争、ビアフラ戦争、エチオピアの飢餓などを取材、その他数々の世界史の現場に立ち、国際フォトジャーナリストとしてカメラとペンによりわれわれはどんな時代に生きているのかという視点から、21世紀にも未解決の戦争と平和の問題を鋭く訴え続けた。

フリーランスとしての生涯は常に弱者の側に身が置かれてあり、晩年は生命倫理やホスピスに取り組んでいたが、1985年3月24日敗血症のため死去。享年56歳。